レーザー脱毛は毛周期にシッカリとあわせて

脱毛について興味があってネットをさまよっていたら、毛周期についての動画を見つけました。

聞いたことはあるけどちゃんとは知らないと思い、見てみることにしました。

毛周期というのは、体毛の生まれ変わるサイクルのことです。

これだったら私でも分かります。

体毛が生えていない時期が休止期、成長している時期がそのまま成長期という名前なのですが、前期と後期があるそうです。

これは知りませんでした。

そして、休みに入るため体毛が抜ける時期を退行期というのです。

レーザー脱毛は黒いものい反応するので、休止期の毛穴にあてても効果はないとのことです。

成長期の前期でも効果は薄れてしまうとのことです。

レーザーが最も効く時期は後期とのことです。

後期のみにバッチリ効くのだったら、他の時期にやっても、ムダなのですね。

やればやるだけいいと思っていたので、ここで知ることが出来てよかったです。

そして、初めて知ったのが、体毛が濃い人ほど効くということです。

体毛が薄い人は苦労するなと思ってしまいました。

脱毛1回目は、成長期後期の体毛中心となって脱毛されます。

脱毛は何回か繰り返すわけですが、最初のうちは中々効果が見えないそうです。

見た目で分かるようになるのは、だいたい3回目くらいからみたいです。

個人差があると思うので、もっとかかる人もいるのでしょうね。

どっちにしろ、我慢が大事みたいです。

3回の照射には大体3~4ヶ月かかるみたいなので、早めに始めたほうが良さそうです。

脱毛といえば女性にとっては悩める問題。

医療脱毛といえば、私は一回病院に行けば脱毛できるものだと思っていました。

しかし、この動画を見て少し理解できたような気がします。

脱毛というからには、レーザーを当てればそれでお終いと思っていましたが、毛根の状況によってレーザーの効果が違うとは想像もしていませんでした。

毛根の状況もいろいろあるのことも始めて知ったくらいです。

脱毛時には、太くて濃い毛の状態がいいようなのですが、そのような状況にある状態にあるとは自分で見極めるのは難しいなと思いました。

毛根も毛根状況のサイクルがあるみたいなのですが、そこはプロじゃないと、わからないものなのではないかなと感じました。

この動画によって脱毛の仕方の原理は理解できましたが、永久脱毛した毛根は死滅したということになると思いますが、レーザー照射する際にも標準をあわせてレーザーを当てていると事と思います。

しかし、毛根が死滅する程のレーザーをあて、肌への影響や他の影響がまったく気にならないと言うことはありません。

医療脱毛と呼ばれるくらいなので、脱毛知識がないまま脱毛を安易に行っても、脱毛できてないと勘違いする人もいるでしょう。

この動画を見るまでは一回行けばある程度脱毛できるものだと思っていましたから・・。

しかし、毛根の状況が活発な時期じゃないと永久脱毛は出来ない事がわかり、毛根が弱っている時期の脱毛であると、永久脱毛にはならないので、定期的に脱毛をしないと完全な永久脱毛が不可能であることを知りました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ